ホーム
簡単スタートアップ
WEBテンプレート
有料サーバー加入
ASP徹底攻略法
Super Affiliater
アフィリエイトの本
WEBビジネスアクセス・申込みランキング
XOOPS
友達にも紹介する
気になる広告をクリック無料確認↓







WEBのソナタ♪ Road to 金持ち父さん!

誰でもできるアフィリエイト・WEBビジネスの始め方を無料で大公開!


メモ帳に必要な事項を書き出す
フリーメールアドレスを取得
ネット銀行に口座を開設
無料のHPスペースを開設
ブログサイト(無料)を開設
ASPサイトに申請

メモ帳に必要な事項を書き出す

まず、これから始めるたくさんの登録フォームをスムーズに記載していくために、パソコンにある「メモ帳」機能を使って、下書きをしていきます。
「メモ帳」はスタートボタン⇒プログラム⇒アクセサリー⇒メモ帳で開くことができます。

どの申込みに際しても共通して必要なこんなもの↓を記入して保存しておきます。

【氏名(漢字とひらがな)・住所(ふりがな)・電話・FAX・勤務先】など。

マウスでコピーしたい箇所をハイライトし、右クリックのコピー後、該当箇所にペーストして記入完了です。

また、このメモ帳には、このような記載事項の他にも、これからたくさん入手するIDやパスワードをサイト・サービスごとに保存しておくのにも役に立ちます。

なお、IDやパスワードはあらかじめ忘れないものを決めておきましょう。
その場合は、英数字混合の5文字以上で、他人が使わないようなものを考えておくのです。
くれぐれも、申込み登録しながら考えてはいけません。
登録できない場合に備えて、3種類くらいを用意します。



フリーメールアドレスを取得

PCを購入した際に、加入したプロバイダーからもらえる1つの無料のメールアドレス(通常はメールソフトoutlookやoutlook expressを立ち上げて使う)とは違い、いくつかのポータルサイトが提供する無料で取得できるものです。

1つのメールアドレスにすべてを集中させると、仕分け作業が大変になります。承認通知などの大切なものから、最新情報・更新情報まで多岐にわたり、1週間もそのままにしておくと、何がなんだかわからなくなり、メール容量もあっという間になくなる、ということにならないようにします。
用途によりメールアドレスを使い分けなければいけません。

またこれらは、会社や@cafeなどのPCからでも、簡単にログインして読むことができますので、時間のある時に、ちょっとメールチェックもできるので大変便利です。
アフィリエイトだけでなく、さまざまな登録用にも使えます。

では、フリーメールの代表的なポータルサイト・URL・登録の仕方をご紹介します。

  • ホットメール hotmail
    「TOPページ」→左上「メール」→「新規登録」をクリック

    マイクロソフト社の提供する無料アドレスで、フリーメールとしては有名です。最近グレードアップしてメール容量が増えましたので、テキストメールであれば、当分心配ないレベルです。
    ウィルスメールや迷惑メールなどは、自動的に削除してくれる便利な機能がグレードアップされています。
    受信したメールは、新規にフォルダーを作って、仕分け作業をしておきましょう。
    HTML形式メール(画像の入ったもの)は、必要でない限り、メールボックスの容量消費を低くおさえるため、できるだけ削除していくようにします。

  • インフォシーク infoseek
    「メール画面」→中央「新規登録はこちら」をクリック

    もともとは検索サイトの大手ですが、楽天グループとなり、楽天市場のもうひとつの入り口(ポータル)として、フリーメール機能も充実して使いやすくなりました。

  • グー goo
    「goo IDログインページ」→右上「新規登録」をクリック

      OCN(NTTグループ)の提供する検索サイト。こちらも最近グレードアップされて容量が大きく使いやすい機能になりました。
    メール容量消費が早いので、こまめに削除して管理していくようにして下さい。

    この3つは必ず取得して下さい。

    他にも、NIFTYやYAHOO!JAPANなど大手プロバイダーもありますが、 プロバイダー加入料金や登録料がかかる場合もありますので、ここはぜひ、無料にこだわって加入しましょう。



    ネット銀行に口座を開設

    ネット専門銀行は、インターネット上だけに存在する銀行ですが、通常の銀行と違い、人件費や店舗維持のためのコストが大幅に削減できるので、ネットユーザーにとっては大変便利で使いやすいものです。
    通常の取引銀行口座はそのままにしておいて、WEBビジネスでの取引口座に指定したり、振込先に指定しておくと、生活費などの口座とは別に売上・報酬の管理ができます。

    メリットはたくさんありますが、次の点が、一般の銀行とは違う点です。

  • 口座開設費用・口座維持費用はゼロ、つまり、開設するのに全く費用はかかりません。もちろん、取引がなくても何も費用は発生しません。

  • 運営にコストがかかっていない分、通常の銀行に比べると預金金利が高く、振込手数料も安く設定されています。

  • 送られてくるキャッシュカードで、キャッシュの引出しや入金は、セブンイレブンなどでも行えます。

  • メルマガやサイトで紹介しているように、サイトを見るだけやアンケートに答えるだけで報酬が得られて、それが現金として口座に振り込まれる「増やすため」のアイデアがたくさんあり、全て無料で参加できます。

    IT技術の向上により、個人情報やプライバシー保護のための技術は、問題ないレベルになっています。
    この機会に、WEBビジネス用だけではなく、へそくり用にもネット銀行への口座開設を検討されてはいかがでしょうか。

    ネット銀行には、 ネット銀行のパイオニア『ジャパンネット銀行』!!
    と、 イーバンク銀行の大手2社があり、それぞれ特徴を持っていますが、詳細はこちらのリンクからご確認下さい。そのまま申込みサイトにリンクしています。

    ジャパンネット銀行は、自動ローンを申込む(通帳のマイナスにあたるもの)ことによって、口座維持費が無料になりますので、利用するしないは別にして、開設の際、一緒に申込んでおくと便利です。

    通常、ネット上で申込み手続きをすると、1週間以内に口座開設書類が送られてきます。
    必要書類を同封して返信後、口座が開設されると、ユーザーIDとパスワードが送られてきて、その日からアクセスできるようになります。

    登録の際、フリーメールアドレスの使用ができても、重要な登録にあたりますので、なるべくプロバイダーのアドレスを使って登録するようにして下さい。

    ネットでの申込みから口座にアクセスできるまで、10日〜2週間で手続きが全て完了します。

    両行ともに、開設費用・維持費ともに全て無料、なので、負担は一切ありませんから、両方開設することをおすすめします。
    ネットでの取引では『ジャパンネット銀行』が使える範囲が広いと言えるでしょうし、『イーバンク銀行』は楽しみながらポイントなどが貯まって、それがキャッシュにつながる、といった面を持っています。



    無料のHPスペースを開設

    レンタルサーバーとは、その名前のとおり、サーバーをレンタルする、ということです。
    つまり、あなたのHPファイル・画像を保存しておくスペースを借りるわけです。
    このレンタルサーバーに加入しなければ、ドメインも取得できなければ、一般に公開もできないわけです。

    レンタルサーバーには無料でレンタルできるものと、有料(初期費用や年間維持費が必要)のものと2種類あります。
    有料のレンタルサーバーは、数百のサービスプロバイダーがあり、安いもので年間10,000円前後、機能が充実しているものであれば数万円かかります。
    ここでは、数ある中から最強の無料レンタルサーバーである、FC2をご紹介します。

    無料で使えるHPサーバーの代表です。
    参考までに本サイトもこのFC2を使っていますので、実際の状況を知ることができるでしょう。

    FC2と名前は短いのですが、次のような驚くべき機能が全て無料で使えます。

  • 1GBの大容量です。画像・イラストなどのビジュアル素材もどんどんアップできます。

  • 無料レンタルサーバーでは、商業目的や報酬を得るサイトは不可としているプロバイダーが多いのですが、ここは、最初からOKになっています。

  • アクセス解析、カウンター、フォームまで、必要とされる機能がひととおり揃っていて、しかも、それらがすべて無料です。初心者が使って理解し、運営してみるには最適の環境だといえます。

  • ドメイン登録、US$11からの有料のサービスを利用すれば、広告が入らなくなり、個人から商用まで幅広くご利用になれます。

    HPサーバーだけでなくこれらの機能がすべて無料なのには訳があって、 あなたのHPの各ページの一番下に1行だけ、FC2の広告が入ります。
    通常、このような広告は、他の無料サーバーの場合、トップページの目立つところ(ヘッダー)に入って、サイトイメージを壊してしまいますが、最後の1行だけですから目立たないし、工夫しだいで、本当に目立たなくさせることができます。

    さらにFC2のすごいところは、//aaaaa123.fc2web.com/ というようにあなたの取得したドメイン名が、取得するHPアドレスの最初に置かれます。
    これは検索サイト(googleなどのロボット型)に登録した場合、圧倒的に有利にヒットします。
    通常は、//homepage2.nifty.com/webbusiness/index.html などのように、あなたのドメイン名はアドレスの一番後ろに置かれるものです。 これは、検索した際の上位ヒットの仕方がまるで違ってきます(不利になります)。
    したがって、ドメイン取得をする際には、サイトテーマと連動するドメイン名を考えておいて下さい。(少なくとも第1希望から第3希望まで3つは用意することをすすめます)

    無料で、さまざまな機能を使えて、しかも、目立たない広告だけですから、最初の段階はこのFC2でいろんな試しを行いながら、HP運営やHP作成ノウハウを身につけていくべきです。

    FC2への登録は、ここをクリック、「登録はコチラから」→「無料ホームページ登録」へ進んで下さい。

    なお、ショッピングサイト運営を予定されている方もそうでない方も、新登場の『無料のショッピングカート』も、一緒にこちらから↓申込んで使い方などを見ておきましょう♪ やがて役に立ちますよ。



    ブログサイト(無料)を開設

    「ブログ」は、もうご存知でしょう。知らない?では、簡単にご説明しましょう。

    もともとは、USAではやった簡易HPの一種です。USAで飛躍的に広まったのは、9.11のあのテロ直後です。行方不明の家族・友人の情報を交換するために、ブログが利用されました。
    テキストを打ち込むだけでWEBサイトになり、コメントやトラックバック機能で双方向のコミュニケーションが簡単にでき、過去ログも自動的に掲載されるので、有効利用されました。
    日本では、その後いっこうに人気がでませんでしたが、昨年、一部のタレント・小説家・有名人らが、ブログを通じていろいろなコメントを発表しはじめると、その簡易性とデザインの良さなどから、主婦や女性の間に一気に広まり、HPを凌ぐほどに成長しました。

    今や数えられないほどのブログサービスサイトがあります。

    さて、ブログは、日記の体裁をとっています。
    したがって、気が向いた時にサッと記述し、アップできます。機能も、簡単に文字体裁やカラーリング・リンク作成もでき、HPよりも簡易性があることがすぐに分かります。

    今では、このブログ自体をHPと認めていることも多いですし、ASPも加入にOKを出します。
    また、このブログを、HPのテーマとリンクさせる方法もありです。
    メルマガ同様、ここでの読者が多ければ多いほど、HPにナビゲートでき、HPでのアフィリエイトに好結果を生むことができます。
    もちろん、ブログにアフィリエイトを組込んで稼ぐことも十分にできます。
    ブログなら、HPほどめんどうな作業・システムはいりません。 無料で開設でき、商用利用も可能、カスタマイズもできるおすすめブログサービスサイトを↓にご紹介しておきます。クリックしてそのまま申込みフォームに入れます。



    ASPサイトに申請

    アフィリエイトで稼ぐためには、ASPとよばれるサービス提供企業にサイトを登録し、承認されなければなりません。

    まず、聞きなれない言葉『アフィリエイト』について、しっかりインプットしておきましょう。

    AFFILIATE【アフィリエイト】 ─ 提携(ていけい)する、加盟(かめい)する という意味。

    WEBサイトの運営者(アフィリエイトサイト)が、自分のサイト内に「商品の販売」や「資料請求」「会員登録」などを促進する企業(ECサイト)と提携をし、自分のWEBサイト内にリンク原稿(商品・テキスト・バナー等)を貼ります。
    WEBサイトに訪れる一般ユーザーが、そのリンク原稿経由で商品を購入したり、資料請求を行ったり、会員登録をした場合に、それぞれの成果に応じてECイトからアフィリエイトサイトに対して報酬(コミッション)が支払われる、という仕組みがアフィリエイト・プログラムです。
    そのアフィリエイトサイトとECサイトをつなぐ役割をしているサービス提供会社が、『ASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)』と呼ばれるものです。

    ASPに登録するには?

    アフィリエイトサイトとして登録するためには、まずWEBサイトを用意しなければなりません。(ASPによってがメルマガでも可としているところもあります)
    とにかく、WEBサイトがないことには、アフィリエイトを利用することはできないのです。(無料ホームページスペースやブログサービスを利用する場合は必ず、商用利用・広告掲載(アフィリエイト利用)が可能かどうか、利用規約などご確認の上、ご登録ください。)

    審査?登録? 何もむつかしいことはありません。
    リンク切れがなく全てのテキストがきちんとしていれば、ほとんどのASPにはすんなりと審査にパスします。一部、審査の厳しいASPもありますが、WEBサイトを手直しして再チャレンジすればOKです。
    念のため、アフィリエイトサイトとしての登録・サービスの利用は一切無料です。

    登録後、ユーザーIDとパスワードが発行され、メールで送られてきます。
    トップページから送られてきたユーザーIDとパスワードと表示される英数文字を入力します。管理画面へログインしてから、自分のWEBサイトにリンクを貼りたいECサイトに提携申請をします。

    ECサイトから承認のメールが届いたら、いよいよリンクの作成!
    テキストリンクやバナーリンクをはじめ、商品リンク、検索ボックスリンクなどいろいろなリンク素材から選べます。リンク作成用のHTMLソースが表示されるので、そのHTMLソースをコピーして、自分のページに貼り付けるだけです
        アフィリエイトのリンクを貼ったページを公開したら、そのリンクを通じて買い物をしてもらえるように、自分のWEBサイトを宣伝して、あとは、報酬が得られるように販売促進をしていくだけです。

    報酬の種類を大まかに分けると…

    アフィリエイト報酬の手段には大きく分けると3つあります。

  • クリック課金…バナーリンクやテキストリンクを”クリック“してもらうだけで、報酬が発生するもの。
    これは、楽なようでなかなか貯まりません。なんせクリック1円の時代ですから。中には5円〜30円のものもありますが、まとまった金額になるには相当時間を要します。自分でクリックして報酬を稼ごうという方もいますが、やってみると100円になるまで大変だということが分かります。

  • 定額報酬…資料請求1件あたり ○○円、会員登録1件あたり ○○円といったもの。
    これが、アフィリエイトの主要な報酬方法になります。
    いかに資料請求をしてもらうか、会員登録をしてもらうかが勝負です。

  • 売上報酬…売上金額の○○%といったもの。
    ショッピングサイトなどで、購入額に対して設定される報酬額です。健康食品・化粧品・英会話セットなどは思わぬ高額になる場合もあります。

    ECサイト・商品リンクの選択ポイントは、クリック課金+定額報酬が設定されたものを選ぶべきです。
    ASPサイトやECサイトごとに設定が違いますので、よく確認して選ぶことが大切です。

    その他の用語も少し知っておきましょう。

  • 「インプレッション」
    広告の表示を意味しており、広告の表示回数を表示しているASPもあります。このインプレッション=アクセス数に比例するので、まずはアクセス数を伸ばすことが先決です。インプレッションとクリック数は比例しません。

  • 「未確定報酬」
    売上が発生すると、売上情報が広告主に送られます。広告主は、その商品が、キャンセルや返品なく確かに売上されたことを確認した時点で確定ボタンを押します。広告主が上記作業を行っていない売上に対する報酬のことを「未確定報酬」と呼びます。多発する悪質なケース(申込み後即退会・間際で取消)を防ぐ目的もあります。

    なお、ASP最大手のエーハチネットのパートナー募集ページにリンクしていますので、詳しくはこちらも↓ご覧下さい。


  • Copyright(c)2005 Road to 金持ち父さん All rights reserved.


    SEO [PR] カード お取り寄せ ルクエ 動画 無料レンタルサーバー SEO